2017年01月20日

第560回 紙ワザな医薬品合成方法を開発!?(日本分析化学専門学校配信)

fcec30974e25aa5a7fcc6367ac0b1945_s.jpg和紙などを作る時に使われる技術を駆使して、医薬品が合成できる紙が開発されました医薬品などを合成する時にはより速く、低エネルギーで進むように触媒という物質を使います今回、触媒を付着させた植物繊維で作った紙に原料を流すと、紙の中で生成物が従来法よりも高い効率で合成されることが実証されましたまた、紙なのでリサイクルもでき、環境にも優しい方法ですこれからの化学産業に革新をもたらすかもしれませんね
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

第559回 アトピー性皮膚炎のかゆみ絶つ!?(日本分析化学専門学校配信)

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s.jpg現代病の1つとも言えるアトピー性皮膚炎は、全国民の15%近くが発症していますかゆみを誘発する物質が生成されるために痒くなるのですが、メカニズムは明らかではありませんでした今回その生成に「EPAS1(イーパスワン)」というタンパク質が大きく関与している事が分かりましたアトピー性皮膚炎はこれまで対症療法が多かったのですが、EPAS1を制御することで痒みを根本から絶つ薬が開発されるかもしれません
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

第558回 木材からプラスチックが!カギは海で生きる微生物!(日本分析化学専門学校配信)

170106 木からプラスチック.jpg木材はリグニンという物質を多く含んでいますリグニンは丈夫で分解されにくい化学物質で、植物から得られる量も多いため、活用次第で新たな資源になると考えられていました今回、海洋に潜む微生物の酵素でリグニンを分解し化学的に処理すると、プラスチックや医薬品などの原料ができることを日本の研究チームが報告しましたこれが化石資源に代わる資源となれば、産業界に新しい展開をもたらす技術として注目されています
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

第557回 角の大きな格好いいカブトムシ!!(日本分析化学専門学校配信)

161221 カブトムシ.jpgカブトムシの角のように昆虫の武器となる部位の大小は、生育時の栄養に左右されることが知られています今回、その仕組みが明らかになりました昆虫などの動物はDNAが同じでも、細胞に個性を与える「エピゲノム」により姿が変化します生育環境で形が変化しやすい昆虫の武器は、エピゲノムが成虫になる前に制御していることが分りましたこれをコントロールできれば、大きな角をもつカブトムシを育成できるかもしれません
posted by bunseki at 00:00| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

第556回 コーヒーが固形燃料に!?(日本分析化学専門学校配信)

161216 コーヒーで固形燃料.jpgスターバックスコーヒーや神戸市などが中心となって、コーヒーの豆かすや剪定した枝を使った「バイオコークス」という固形燃料を製造する研究が行われていますバイオコークスはいわば人造の石炭で、石炭を主成分とするコークス同様、使用するとCO2が発生しますしかし、原料が光合成を行う植物資源のためCO2排出量をゼロと換算できるのです将来的にはごみ処理量やCO2排出量の削減など、地域資源としての活用が期待されています
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

第555回 再生医療に役立つ新材料:超弾性骨(日本分析化学専門学校配信)

161209 超弾性骨.jpg移植後に新しい骨の土台や骨の代わりとして働く、新素材の「超弾性骨」に注目が集まっています超弾性骨はヒドロキシアパタイトとポリマーから作られ、多孔質で吸収力に優れていることから、移植後に血管の新生を促進すると言われていますまた、生体移植ではないため、免疫反応や炎症などの拒否反応が起きないというメリットがありますさらに、3Dプリンターでも形成が可能で、患者さんに応じた使用が期待されています
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

第554回 宇宙で誕生!?新しい半導体素材(日本分析化学専門学校配信)

161202 宇宙で半導体.jpgスマートフォンやパソコンをより高性能にできる新しい半導体素材が宇宙の実験で生まれましたこの新素材はシリコンとゲルマニウムを同じ比率で混合した結晶で、JAXA(宇宙航空研究開発機構)が国際宇宙ステーションで作成しました重力の低い状況では液体の対流が起きにくいため、混合物の単結晶を作成することができるのですこの素材を用いると小型かつ高性能で、消費電力も低いパソコンが開発できると期待されています
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

第553回 インフルエンザの語源は星にあり?(日本分析化学専門学校配信)

90cfe6a055c25c5ab3ef6de536dd8595_s.jpgインフルエンザが来週にも全国的な流行期に入ると報道されています
インフルエンザは冬季に流行し、春までに終息することから、中世の占星術師は冬季の星の影響で流行すると考えていました
その「星の影響」を意味するラテン語influentia(インフルエンティア)がインフルエンザの語源となったのです
ウイルスの存在が明らかにされていない時代の話ですが、今では研究も進み、ワクチン等の予防法も確立されています
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

第552回 スマホの電池が長持ち?有機ELの省エネ化技術を開発!(日本分析化学専門学校配信)

161118 有機ELで省エネ.jpg有機ELを簡単に作れ、省エネもできる技術が開発されました有機ELの根幹である半導体の回路にはプラスとマイナスの電気を別々に流す2つの部分が必要ですが、有機両極性半導体では1つの材料を塗るだけで両方を作れますしかし、従来の材料は消費電力が大きく、実用的ではありませんでした今回、アルキル処理で消費電力の大幅な低減を実証しましたこの技術が実用化すれば、スマートフォンの電池の持ちが良くなるかも!?
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

第551回 外で遊ぶことで近視予防!?(日本分析化学専門学校配信)

161111 ミニくる(太陽光).jpg近年、子供の近視の割合は高くなり、その原因はPCやスマホを長時間利用することだと考えられてきましたしかし、その原因は日照不足にあると発表されました子供100人を1年以上調査したところ、太陽の光をあまり浴びなかった子供は視力が悪くなる結果となりましたこのことから、目の成長は屋外光の強さに影響されることが示唆されましたつまり近視を予防するには、少なくとも1時間は外で太陽の光を浴びるべきなのです
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする