2017年03月24日

第569回 蛍光に発するカエルの発見!(日本分析化学専門学校配信)

170324 蛍光カエル.jpgアルゼンチンで、世界で初めて蛍光を発する「ブチアマガエル」が見つかりましたカエルの色素に関する研究で、通常は茶褐色で赤い斑点のある模様に紫外線を当てたところ、緑の蛍光色に変化しましたその役割はまだ分かっていませんが、視覚的なコミュニケーションに関わっている可能性がありますまた、陸上に住む動物で蛍光を発することはとても珍しく、科学的・技術的に応用できる可能性がある新たな蛍光物質の発見です
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

第568回 苦味が脳内のお掃除屋さんを元気にする!?(日本分析化学専門学校配信)

5ea2b1d0d28191d4e5ebdab13e8c7542_s.jpgビールの原材料であるホップは古来より薬用植物として知られています今回新たに、ホップの苦味成分であるイソα酸が脳内で老廃物や異物の除去および神経細胞の修復を行うミクログリアという細胞を活性化することが分かりましたこれにより、アルツハイマー病の原因と考えられているアミロイドβタンパク質の蓄積が抑えられ、認知機能の改善も見られました今後、認知症予防にホップテイスト飲料が活躍する可能性がありますね
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

第567回 ガンを防ぐのは食中毒菌!?(日本分析化学専門学校配信)

cf8356a2e661196b1614922420b42ecf_s.jpgサルモネラ菌は、卵や肉などに付着して食中毒を引き起こす細菌として知られていますその一方で、私たちの健康を守る役目も果たしています例えば、ガンを引き起こすような毒性のある化学物質かどうかを調べる手法の1つに、サルモネラ菌を使用したエームス検査がありますこの他にもサルモネラ菌を使用してガン細胞を消滅させる技術が研究されています食中毒菌も活用次第では、私たちをガンから守る貴重な存在になるのですね
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

第566回 ビタミンB12含有ナノファイバーメッシュ(日本分析化学専門学校配信)

43293acde94fefe469e4d11585e352b0_s.jpg神経が圧迫され、指がしびれる病気などの治療に使われるビタミンB12を含んだ繊維片(ナノファイバーメッシュ)が開発されましたビタミンB12には神経の再生を促す作用がありますが、内服や注射では効果が薄く、患部の神経が再生するまでビタミンB12を放出し続ける方法が必要でしたこの繊維片を患部周辺に移植することでその条件を満たし、動物実験では治療効果の向上も確認されました既に実際の治療への利用が協議されています
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

第565回 美味しくインフルエンザ・花粉症対策!(日本分析化学専門学校配信)

c8ec0b01db118d38ec7e3c231a25e032_s.jpg茨城県の納豆メーカーが、インフルエンザの予防や花粉症の緩和に効く納豆を開発しましたこの納豆には、従来の納豆菌よりも免疫に対する機能性が1.5倍高いものが使われていますこの菌は、2200種類を超える納豆菌の中から発見されましたインフルエンザウイルスの増殖予防や、体内での免疫力強化、さらには、花粉症の鼻炎症状を緩和する効果も期待できるとのことです日本が誇る発酵食品、納豆に今後も要注目ですね
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

第564回 エネルギー分野の新材料「モノリス」(日本分析化学専門学校配信)

acb564968987e8425e8edb4d501fc03a_s.jpg小さなスポンジ状の網目構造を持つ多孔質材料は「モノリス」と呼ばれていますモノリスは材料の内部に液体やガスが浸透しやすいため、繰り返し使用できる充電式の電池や燃料電池の構造部材として好適です今回、ニッケルなどの金属や金属酸化物によって、ミクロンからサブミクロンという微細な孔構造を持つ導電体および半導体モノリスが開発されました。これらの無機系モノリスがエネルギー分野の新材料として注目されています
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

第563回 どんな金属も錆びさせない驚きの技術!(日本分析化学専門学校配信)

a535b0785629e9505a780f5d1d6d1ae2_s.jpg鉄などの金属は錆びると考えている方が多いと思いますでも、この錆びやすい金属を錆びさせない技術が開発されましたそれは、水をよく弾くポリメタクリル酸メチルを金属表面に強力に接着する技術ですこの技術を使うと、鉄よりも遥かに錆びやすいマグネシウムですら塩水に3ヶ月以上浸けても錆びませんでしたこれにより、錆びやすくて利用できなかった金属を使った、新たな金属素材が誕生すると期待されています
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

第562回 将来、移植する臓器は他の動物がつくる?(日本分析化学専門学校配信)

d1a882ced18055af52f5340a604de4eb_s.jpg異なる動物の体内で育てた臓器の移植による、病気の治療効果が世界で初めて確認されました遺伝子操作で膵臓をできなくしたラットの受精卵に、マウスのiPS細胞を注入するとマウスの膵臓をもつラットが誕生しますその膵臓の一部を、糖尿病を発症したマウスに移植すると20日後に血糖値が正常になり、一年後もその状態が維持されましたヒトの臓器を他の動物体内で作って移植する、再生医療技術への発展が期待されています
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

第561回 雪と凍結と化学の話(日本分析化学専門学校配信)

6d5fa05472a84163ba78c3e3e98d7d87_s.jpg雪が降ると役に立つのが、道路等の凍結を防ぎその状態を保つ「凍結防止剤」と、雪を溶かす「融雪剤」ですどちらも、摂氏0度で氷や雪になる水に対して、水分以外の物質が混ざった水溶液は0度より低い温度にならないと凍らないという性質(凝固点降下)を利用しています特に、雪かき後、取り除くことの困難な圧雪や氷を溶かす際に融雪剤を使用すると効果的です使用量は袋等の記載を守り、マスクや手袋をして散布しましょう
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

第560回 紙ワザな医薬品合成方法を開発!?(日本分析化学専門学校配信)

fcec30974e25aa5a7fcc6367ac0b1945_s.jpg和紙などを作る時に使われる技術を駆使して、医薬品が合成できる紙が開発されました医薬品などを合成する時にはより速く、低エネルギーで進むように触媒という物質を使います今回、触媒を付着させた植物繊維で作った紙に原料を流すと、紙の中で生成物が従来法よりも高い効率で合成されることが実証されましたまた、紙なのでリサイクルもでき、環境にも優しい方法ですこれからの化学産業に革新をもたらすかもしれませんね
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする