2018年08月24日

第639回 タンパク質クライシスを知っていますか?(日本分析化学専門学校配信)

12d1a94b825e0830a8f79559f8ad1bb5_s.jpg人口増加や異常気象などによって、将来的にタンパク質の不足が予測されることを「タンパク質クライシス」といいます私たち人間の体は、水分を除くと約60%がタンパク質です近年、大豆の15倍ものタンパク質を生産できる藻類が注目されていますそのひとつに「スピルリナ」があります栄養価も高いため、タブレットに加工して飲まれるなど、「食べられる藻」として関心を集めています

posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

更新停止のお知らせ

いつも「化学one minute情報!」をご覧いただき、ありがとうございます。

本サイトが生まれたのは2005年10月11日。今日までの約13年間、600を超える化学の豆知識を発信してまいりましたが、8月24日をもって更新を停止させていただきます。長らくご愛読いただき、本当にどうもありがとうございました。

なお、このような化学の豆知識は、本校の携帯版メールマガジン「ミニくる♪週刊化学マガジン」と
PC版「くるくる♪週刊化学マガジン」でも配信しています。
今後はより一層面白く、親しみやすい内容を発信してまいりますので、ぜひこちらをご登録ください!

★メールマガジン登録(無料)はこちら(http://www.bunseki.ac.jp/kurukuru.html)から

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第638回 お湯の温度で変わるお茶の味(日本分析化学専門学校配信)

1917818de8d89369c9437f5c7eb2407b_s.jpg茶葉にお湯を注いでお茶を作るとき、お湯の温度によってお茶の味が変わることをご存知ですか?お茶の味を決める成分は、渋みの「カテキン」、苦みの「カフェイン」、旨味の「テアニン」の3つが関係していますお湯に溶け出す温度が各成分で異なり、カテキンは80度以上、テアニンは50度以上とされていますつまり、低温のお湯では旨みが、高温では渋みが増しますぜひ、温度を調整して自分好みの一杯を入れてみてください
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

第637回 iPS細胞から輸血に使える血小板が!(日本分析化学専門学校配信)

5caffe8050922f71b70a178923f6e3e7_s.jpgiPS細胞から輸血に使える質の高い大量の血小板を作ることに成功しました血小板は血を固める働きがあり、止血や貧血の患者への輸血に使われていますこれまでにもiPS細胞から血小板は作られていますが、質も量も献血に使えるレベルではありませんでした今回、血小板ができる時に血流の乱れが関係していることが分かり、この乱れを再現した状態で細胞を培養することで、高品質の血小板を大量に作り出すことに成功しています
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

第637回 難病を治る病気へ〜抗体治療の最前線〜(日本分析化学専門学校配信)

122bce51439c6782f607afffc7a5d269_s.jpg車イスの物理学者として有名だった故ホーキング博士が患っていた筋萎縮性側索硬化症(ALS)は根本的な治療方法がなく、発症から5年以内に亡くなる確率が極めて高い難病ですALSでは神経細胞内で形成されたRNA結合タンパク質の異常凝集体によって、神経細胞が死に至ります今回、この異常凝集体を除去してくれる抗体の開発に成功しました原因不明の難病だったALSが抗体治療の確立で、きっと治る病気になりますね
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

第636回 蝶の鱗粉(りんぷん)はの役割を知っていますか?(日本分析化学専門学校配信)

62687ce4e1efc82cac7c2cecc79b3c6b_s.jpg蝶の鱗粉は、進化の過程で体毛から変化したものと考えられています「鱗=うろこ」とあるように、拡大して見ると魚の鱗のような形で凹凸があることが分かります鱗粉の様々な役割の中で最も重要な役割は、この凹凸が翅(はね)にかかる空気抵抗を抑え、空を飛びやすくすることですまた水分をはじくのにも役立ちます仮に鱗粉を全て落とすと翅は模様が薄くなって半透明になり、蝶は空を飛ぶことができなくなってしまうのです
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

第635回 枝豆の美味しさのひみつ(日本分析化学専門学校配信)

644bc6d1570cd5560d09f9e740cbecee_s.jpg枝豆とビールが美味しい季節を迎えました枝豆の美味しさはアミノ酸によるもので、主要成分は窒素です一般に植物は根を伸ばして土壌中の窒素を獲得していますしかし、枝豆を含むマメ科植物は根に根粒菌が共生し、それらが固定する窒素も利用できます結果的に枝豆は大量のアミノ酸を子実に貯蔵することができ、これを人が食べる際に旨味として感じますこのように土壌微生物が枝豆の美味しさに貢献しているとは驚きですね
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

第635回 ピクルスの化学(日本分析化学専門学校配信)

21c38b527ecf192a3def7f217b27278c_s.jpgキュウリのピクルス、お好きですか?酢漬けにすることにと生のキュウリにはない特有の風味が追加されます酢はキュウリ中のアスコルビナーゼというビタミンC分解酵素の働きを抑制しますまた、果皮が緑色から茶色に変化しますが、傷んでいる訳ではありません緑色色素であるクロロフィルの中心原子であるマグネシウムが水素原子と置き換わり、フェオフィチンに変化しただけなのですピクルスの中にも化学が潜んでいるのです
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

第634回 衣服に貼り付けられる太陽電池!?(日本分析化学専門学校配信)

8ede20c158a6e0f15898e223ea979b48_s.jpgこれまでの薄型の有機太陽電池は、太陽光エネルギーを電力にする変換効率と耐熱性を両立することが困難でしたしかし、材料となる半導体ポリマーの分子構造を変えることで熱に強く、エネルギー変換効率も高い太陽電池を作ることに成功しましたこの熱に強い性質を活かせば、熱をかけて電池を布地に貼付けることができますまた、高温下の環境でも安定して使用することも可能になります
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

第633回 AIがヒトの命を救う!!(日本分析化学専門学校配信)

86486c93effb54ac9a9763a149fae4a8_s.jpg最近、話題に挙がることも多い人工知能(AI)ですが、尿中の代謝物の分析結果をAIに解析させて大腸がんの早期発見を高精度に行う方法が開発されました患者ごとに異なる濃度パターンを示すポリアミン類の組み合わせをAIに学習させることで良性ポリープとの識別にも成功しました
年々増加傾向にある大腸がんに対して、尿を使うことで痛みを伴わず精度良く発見できる検査方法の確立は大腸がんの早期発見につながりますね
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。