2016年12月02日

第554回 宇宙で誕生!?新しい半導体素材(日本分析化学専門学校配信)

161202 宇宙で半導体.jpgスマートフォンやパソコンをより高性能にできる新しい半導体素材が宇宙の実験で生まれましたこの新素材はシリコンとゲルマニウムを同じ比率で混合した結晶で、JAXA(宇宙航空研究開発機構)が国際宇宙ステーションで作成しました重力の低い状況では液体の対流が起きにくいため、混合物の単結晶を作成することができるのですこの素材を用いると小型かつ高性能で、消費電力も低いパソコンが開発できると期待されています
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

第553回 インフルエンザの語源は星にあり?(日本分析化学専門学校配信)

90cfe6a055c25c5ab3ef6de536dd8595_s.jpgインフルエンザが来週にも全国的な流行期に入ると報道されています
インフルエンザは冬季に流行し、春までに終息することから、中世の占星術師は冬季の星の影響で流行すると考えていました
その「星の影響」を意味するラテン語influentia(インフルエンティア)がインフルエンザの語源となったのです
ウイルスの存在が明らかにされていない時代の話ですが、今では研究も進み、ワクチン等の予防法も確立されています
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

第552回 スマホの電池が長持ち?有機ELの省エネ化技術を開発!(日本分析化学専門学校配信)

161118 有機ELで省エネ.jpg有機ELを簡単に作れ、省エネもできる技術が開発されました有機ELの根幹である半導体の回路にはプラスとマイナスの電気を別々に流す2つの部分が必要ですが、有機両極性半導体では1つの材料を塗るだけで両方を作れますしかし、従来の材料は消費電力が大きく、実用的ではありませんでした今回、アルキル処理で消費電力の大幅な低減を実証しましたこの技術が実用化すれば、スマートフォンの電池の持ちが良くなるかも!?
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

第551回 外で遊ぶことで近視予防!?(日本分析化学専門学校配信)

161111 ミニくる(太陽光).jpg近年、子供の近視の割合は高くなり、その原因はPCやスマホを長時間利用することだと考えられてきましたしかし、その原因は日照不足にあると発表されました子供100人を1年以上調査したところ、太陽の光をあまり浴びなかった子供は視力が悪くなる結果となりましたこのことから、目の成長は屋外光の強さに影響されることが示唆されましたつまり近視を予防するには、少なくとも1時間は外で太陽の光を浴びるべきなのです
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

第550回 分析機器がグッドデザイン賞を受賞!!(日本分析化学専門学校配信)

161104 分析機器グッドデザイン賞.jpg皆さんは、分析機器にどのようなイメージをお持ちでしょうか化学や分析というと、「暗くて地味」というイメージがあるかもしれませんが、実はオシャレな装置や機器もあるんです日本電子株式会社が開発した、分子の構造を分析する核磁気共鳴装置(NMR)が、公益財団法人 日本デザイン振興会が主催する、グッドデザイン賞に選ばれましたとてもオシャレなデザインですので、ここで画像を見ていただけないのが残念です
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

第549回 紅茶でノロウイルス撃退!(日本分析化学専門学校配信)

161026 紅茶でノロ撃退.jpgテアフラビン類は、紅茶の赤色のもとになる色素でポリフェノールの一種です茶葉の発酵過程で茶葉に含まれるカテキンが酸化されたものが、2つ結び付いてできていますそのテアフラビン類が急性胃腸炎を引き起こすノロウイルスの感染力低減に効果があることが分かりました今までのノロウイルスの予防法は、次亜塩素酸ナトリウムや加熱でしたが、それらよりも安全な予防法の開発に結び付くと考えられています
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

第548回 10月23日は「化学の日」!(日本分析化学専門学校配信)

4519da6c2062431475cac14ef67c9ed2_s.jpg10月23日が「化学の日」というのをご存知でしょうか?その記念日は、化学にとって大切な数字「アボガドロ定数」にちなんで決められましたアボガドロ定数は1モルに含まれる分子の数を表す数字です分子はたくさんあるので、鉛筆12本で1ダースというように、一定量の分子を1モルと言います1モルに含まれる分子の数はなんと602214085700000000000000個とても長いので6.02×10の23乗と表しますそこで、その桁数をとって10月23日が化学の日となりました
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

第547回 頑張っているけど働きが遅い!?(日本分析化学専門学校配信)

602e631468fec190e162700becf34ccf_s.jpg糖尿病予防薬の開発につながる発見です血糖値を下げる働きをするインスリンですが、その分泌を助ける機能を持ったSNAP23という分子が、かえって分泌を抑制していることが解明されましたSNAP23がインスリン分泌を助ける働きは、同じ働きをする別の分子よりも遅く、むしろSNAP23の働きを抑えることで分泌量が増えるのです分泌を助けるために頑張ろうとする働きを抑えることでインスリン分泌量が増えるとは、何とも皮肉な現象ですね
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

第546回 犬と人の友好は遺伝子が関係?(日本分析化学専門学校配信)

cf0320144d6e419a5dc8f9a38ce5b7c6_s.jpg犬の起源は人間に慣れたオオカミを家畜化したものと言われ、ペットとして飼われた経験がある人も多いのではないでしょうか?今回、実験によって犬が持つ5つの遺伝子が人間の社交性と関係していることが分かりましたなかでも、人間に頼る行動をする犬にこれらの遺伝子が見つかりましたまた、この遺伝子は野生のオオカミにはなく、今後さらに研究を進めることで犬の起源を知ることができるのではないかと期待されています
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

第545回 ひすいが日本の石に決定!(日本分析化学専門学校配信)

160930 ひすい.jpg日本鉱物科学会は今年9月に「日本の石」として、ひすいを選定しました深緑色の半透明な石で、国内からは5億年前に生成した世界最古のひすいが見つかっており、地球科学分野でも重要な意味を持っていますまた、縄文時代から玉(ぎょく)などとして広く利用された世界最古の「ひすい文化」が存在し、考古学分野からも注目されています今後は「最も日本らしい石」として、国内外で紹介される予定です
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする