2018年08月24日

第639回 タンパク質クライシスを知っていますか?(日本分析化学専門学校配信)

12d1a94b825e0830a8f79559f8ad1bb5_s.jpg人口増加や異常気象などによって、将来的にタンパク質の不足が予測されることを「タンパク質クライシス」といいます私たち人間の体は、水分を除くと約60%がタンパク質です近年、大豆の15倍ものタンパク質を生産できる藻類が注目されていますそのひとつに「スピルリナ」があります栄養価も高いため、タブレットに加工して飲まれるなど、「食べられる藻」として関心を集めています



posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

更新停止のお知らせ

いつも「化学one minute情報!」をご覧いただき、ありがとうございます。

本サイトが生まれたのは2005年10月11日。今日までの約13年間、600を超える化学の豆知識を発信してまいりましたが、8月24日をもって更新を停止させていただきます。長らくご愛読いただき、本当にどうもありがとうございました。

なお、このような化学の豆知識は、本校の携帯版メールマガジン「ミニくる♪週刊化学マガジン」と
PC版「くるくる♪週刊化学マガジン」でも配信しています。
今後はより一層面白く、親しみやすい内容を発信してまいりますので、ぜひこちらをご登録ください!

★メールマガジン登録(無料)はこちら(http://www.bunseki.ac.jp/kurukuru.html)から

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第638回 お湯の温度で変わるお茶の味(日本分析化学専門学校配信)

1917818de8d89369c9437f5c7eb2407b_s.jpg茶葉にお湯を注いでお茶を作るとき、お湯の温度によってお茶の味が変わることをご存知ですか?お茶の味を決める成分は、渋みの「カテキン」、苦みの「カフェイン」、旨味の「テアニン」の3つが関係していますお湯に溶け出す温度が各成分で異なり、カテキンは80度以上、テアニンは50度以上とされていますつまり、低温のお湯では旨みが、高温では渋みが増しますぜひ、温度を調整して自分好みの一杯を入れてみてください
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

第637回 iPS細胞から輸血に使える血小板が!(日本分析化学専門学校配信)

5caffe8050922f71b70a178923f6e3e7_s.jpgiPS細胞から輸血に使える質の高い大量の血小板を作ることに成功しました血小板は血を固める働きがあり、止血や貧血の患者への輸血に使われていますこれまでにもiPS細胞から血小板は作られていますが、質も量も献血に使えるレベルではありませんでした今回、血小板ができる時に血流の乱れが関係していることが分かり、この乱れを再現した状態で細胞を培養することで、高品質の血小板を大量に作り出すことに成功しています
posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。