2018年08月03日

第637回 iPS細胞から輸血に使える血小板が!(日本分析化学専門学校配信)

5caffe8050922f71b70a178923f6e3e7_s.jpgiPS細胞から輸血に使える質の高い大量の血小板を作ることに成功しました血小板は血を固める働きがあり、止血や貧血の患者への輸血に使われていますこれまでにもiPS細胞から血小板は作られていますが、質も量も献血に使えるレベルではありませんでした今回、血小板ができる時に血流の乱れが関係していることが分かり、この乱れを再現した状態で細胞を培養することで、高品質の血小板を大量に作り出すことに成功しています


posted by bunseki at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。